カテキンについて

カテキンの効果

お茶に含まれる主なカテキン類

1. エピカテキン(EC)遊離型
2. エピカテキンガレート(ECg)エステル型
3. エピガロカテキン(EGC)遊離型
4. エピガロカテキンガレート(EGCg)エステル型

お茶はカテキン類を豊富に含む食品の代表選手で、苦味、渋味の素となっています。緑茶ではエピガロカテキンガレートの量が一番多く、全カテキンの約半分を占めます。

遊離型カテキン は苦味はありますが、渋味はほとんどなく、穏やかな味で、後味に甘さを感じさせる性質があると言われています。

エステル型カテキン は舌を刺すような強い苦味と渋味を持ちます。

いずれも、冷たい水には溶け出しにくい性質があり、特にエステル型は低温で溶け出しにくいので、冷茶では苦味、渋味が少なくなります。